2010年06月16日

ハワイアンジュエリーカタログにようこそ!

マイレリーフ.jpg


ハワイアンジュエリーって?】

17世紀のイギリスでのお話しです。
ヴィクトリア女王の夫アルバート王子が亡くなり3年間喪に服しました。
宮廷では喪服と黒いジュエリーの着用しか許されなかったため国民の間でもヴィクトリアン・モウニング(哀悼)・ジュエリーという喪中用ジュエリーが流行しました。イギリスと関係が深かった当時のハワイ国の女王リリウオカラニ(アロハ・オエの作者として有名ですね!)もヴィクトリアン・モウニング・ジュエリーを作らせ、ハワイ語で「永遠の思い出」という意味の「ホオマナオマウ」の文字が刻まれていたといいます。

1950年代半ばになると、浮彫りの文字を施したジュエリーの人気も高くなり、現在ハワイではお祝い事や愛情表現としてこのハワイアンジュエリーを贈るのが習わしとなっています。

日本ではハワイが好きな人たちの間でひそかな(?)ブームが続いていましたが、最近では浜崎あゆみさんや梨花さんなどの芸能人がハワジュを身に付けたり、雑誌JJで特集が組まれたりしてすっかりメジャーな存在になりました。

【素材に関して】

ハワイアンジュエリーはシルバー製のものが主流です。

このサイトでご紹介しているハワイアンジュエリーもシルバー925なんて表現が出て来ます。これはシルバーの純度が92.5%という意味です。
シルバーという素材は実はとても柔らかく、アクセサリーには少し不向きな素材なんです。100%の純銀だと、強度が弱く、キズがつきやすいといった問題があるんです。そのため、そこで銅などを混ぜて合金にします。
そうすることで強度を持ち、アクセサリーとして日常使えるような堅さになります。
シルバー925は別名「スターリングシルバーSTERLING SILVER)」とも呼ばれ、欧米のシルバー製品には925の代わりにSTERLINGの刻印が入っている者も多いようです。(STERLINGとは「価値のある」、「本物」とかの意味です。)
加工に適し、かつ耐久性にも優れ、その上銀本来の魅力もしっかり残しているのが、シルバー925なんです!


maxi.gif



ハワイアンジュエリーカタログのお勧めページ】

ハワイアンジュエリーのカタログはこの下です!】


↓ ↓ ↓

| INDEX

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。